事務所利用可物件と通常の物件の違いとは

インターネットを通して、仕事をしている人が増えている現代では、自宅を職場として利用する人が多くなってきました。
ですので、新しくお部屋を借りる際に、職場として利用したい人は、事務所利用可物件を探す必要があるのですが、普通の物件とは何が違うのでしょうか。
実は、契約の方法が異なります。
通常の賃貸契約ですと、住居契約になるのですが、事務所として利用するのであれば、事務所契約になります。
一般的な敷金と礼金の他に、高額な保証金がかかるのが事務所契約になります。
また、事務所契約ですと、家賃に消費税が課税されます。
しかし、事務所契約をしておけば、家賃を一定の基準に従って、経費として申告できるのがメリットでしょう。
自宅ですので、通勤をする必要もなく、好きな時間に好きなスタイルで仕事をする事が出来ます。
何よりも、家賃を経費として申告できるのは、とても嬉しいですよね。
実際に自宅を職場にしたいと思っている人は、事務所として利用できるかどうかを、不動産会社に確認してみる事をおすすめ致します。